看護師パパの日常的な趣味や育児を綴ったブログ

ナスパ情報館

漫画「コウノドリ」1・2巻を読んだ感想

2018/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2児の娘と妻との4人暮らしです。 このブログでは、日々の育児で感じたことや、趣味のことなどについて記事を書いていきたいと思います。 趣味としては、漫画・アニメ・ランニング・将棋・ダーツです。 けっして、強かったり、上手かったりするわけではありませんが(笑) 子育てで日々忙しいですが、少しずつ記事を増やしていきたいと思います。

漫画「コウノドリ」を読んだことはありますか??
今回は私が実際に読んだ感想についてです。もし、「コウノドリ」に興味があれば、あなたもぜひぜひ読んでみてください!!

TRACK1 受け入れ拒否

記念すべき「コウノドリ」の第一話です。

産科の領域では、妊娠しているにも関わらず、妊婦健診を受けていない妊婦を未受診妊婦などというそうです。
その中でも出産が近い場合を、飛び込み出産というんですね。

妊婦健診を受けていないということは、胎児や母体の状態が分かりません。
もしかしたら、母体に危険な感染症などがあるかもしれません。
そういうリスクを避けるために、飛び込み出産を避けようとする病院が多くあるみたいです。

今回の登場人物である矢野さんは、望まない妊娠・出産をしてしまいました。
産まれた子供の父親であるはずの彼には逃げられ、両親を頼ることもできません。お金もないので中絶もできず、段々と大きくなっていくお腹に怯える日々を過ごし、結局「飛び込み出産」という形になってしまいました。

実際にこういうことは多くあるものなのでしょうかね?
私の周りではあまり聞きませんが(住んでるところが田舎だからかもしれませんが・・・)

矢野さんは、子供を育てられないと言い、子供は乳児院に入ることになりました。
親が子供を選べないように、子供も親を選べません。本当に可愛そうですね。

産まれてくる子供には何の責任もありません。

産まれてきた赤ちゃん「頑張れ」。

TRACK2 切迫流産

妊娠中であれば、軽度〜重度の違いがあれど切迫流産になる妊婦はいます。

重度の場合には、ベッド上での安静が必要となり、排泄さえもベッドの上で行わなくてはなりません。
長い人ではそれが数ヶ月にも渡ります。

私は男性なので経験する機会もありませんが、相当辛いことと思います。

妊娠中である田中さんは10年待ってやっと妊娠することができました。経過は順調であったのですが、妊娠21週で急に破水が起こってしまい、切迫流産の診断を受け、ベッド上安静を余儀なくされます。

赤ちゃんが産まれて、生きていくためにはまだ出産する訳には行きません。

鴻鳥先生は、夫婦にこのままでは赤ちゃんは助からないことを説明し、2日以内に赤ちゃんを助けるか・助けないかを決めるよう決断を迫ります。

「ごめんね・・・」と夫に謝る妻。
夫婦の葛藤と決断の先にある未来とは。

医師にも切迫流産は予測することは難しいといいます。
ベッド上安静や点滴を受けていても、良い方向へと向かわない妊婦もいることは確かです。

早産となり、非常に小さい未熟児で産まれると障害があったり、最悪の場合亡くなってしまう場合もあります。

しかし、鴻鳥先生は言います。
赤ちゃんの生命力は未知数です。
だから信じてあげて下さい。

TRACK3 淋病

不倫は文化
なんて誰が言ったんでしょうね。

実際に、奥さんが妊娠中に不倫してしまう旦那さんはけっこういるみたいですね。

・・・。
私はしてないですよ(笑)

世の妊娠中の奥さんを持つ男性の皆さん。
今は楽しくて良くても、何かあったときに困りますよ。
あなたも「給料を運んでくる動物」になってしまいますよ。

妊娠中の奥さん。旦那さんへこのTRACKだけでも見せてあげて下さい。

そんな話です(笑)

TRACK4 未成年妊娠

皆さん。妊娠を望まないときには避妊をしっかりとしましょう!

そんな言葉から今回は始めていきたいと思います。

望まない妊娠が分かったとき、あなたならどうしますか?
出産しますか?中絶しますか?
どちらの選択をするにしても、それは大きな決断になりますよね。

それが未成年なら尚更です。

妊娠をして、進んで中絶をしたいと思う人は、特に女性ではほとんどいないのではないかと思います。

この話では、高校生の男女である射場隆さん、野村ミホさんに視点を当てられています。

赤ちゃんを産みたい子供達と、産ませるわけにはいかない親達の気持ちの葛藤が描かれています。

私自身も、まだ小さいですが可愛い娘が2人いるので、そんな娘が高校生になって「妊娠した」なんて言われたら・・・

・・・

どうしたらいいんでしょう・・・。
っていう感じです。

この話を見たとき、古いですが「14歳の母」というドラマを思い出してしまいました。

ドラマ「14歳の母」では、親に反対されながらも、最終的には出産という選択をしていましたね。

この2人の高校生はどのような選択をしていくのでしょうか。
その先にはどんな未来が待っているのでしょうね。

鴻鳥先生はミホさんの父親に言いました。
「両親の反対を押し切って、何の援助もない高校生同士の出産で幸せになった例を僕はまだ見たことをありません。」
しかし、こうも言っています。
「高校生同士の出産や育児には〜」

TRACK5 無脳症

無脳症って知ってますか?
私は、このマンガで初めて知りました。

簡単に言うと、妊娠中に発育するはずの脳が発育しない状態。脳が無いから無脳症と言われる見たいです。

この話を読むと、改めて妊娠は正常に経過することが当たり前ではないと気付かされますね。

赤ちゃんが無脳症であると告げられた夫婦。
奥さんへの旦那さんの言葉が突き刺さります。
「オレは生きられない赤ちゃんより〜」

TRACK6 皮膜児

この話の感想は・・・

・・・

やっぱり妊娠にはいろんなことがあるなぁということ。
そして、どんなに良い医者でも研修医のときは使えないんだな~

ってことですかね。

TRACK7 喫煙妊婦(前編)

妊娠中の喫煙には〜などのリスクがあります。

それでも、妊娠中の喫煙を止められない妊婦はいます。
意思が弱いから?
それだけではなく、いろいろな環境の要因があるんでしょうね。

でも、喫煙は絶対に止めたほうがいいですよ。
妊娠中以外もです!

今回の妊婦の木村さんは、妊娠後の喫煙が止められずにいました。

木村さんの今後の出産はどうなるのでしょうか??

 

まとめ

今後の展開が気になりますね。

実際の漫画はもう20巻をとうに越してしまいました。
でも、今日から読み始めても、一気に読み進められるほどの面白さ!!

そして、出産に関することについて考えさせられますね。

ぜひ、あなたも手にとって読んでみてください!!!

コウノドリはまんが王国で電子書籍で読むことができます。
電子書籍はいつでもどこでも読めるのでオススメです!!

この記事を書いている人 - WRITER -
2児の娘と妻との4人暮らしです。 このブログでは、日々の育児で感じたことや、趣味のことなどについて記事を書いていきたいと思います。 趣味としては、漫画・アニメ・ランニング・将棋・ダーツです。 けっして、強かったり、上手かったりするわけではありませんが(笑) 子育てで日々忙しいですが、少しずつ記事を増やしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナスパ情報館 , 2018 All Rights Reserved.