看護師パパの日常的な趣味や育児を綴ったブログ

ナスパ情報館

筋肉痛って何で起きるのだろうか?-歳をとると筋肉痛が遅れてくるってホント!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2児の娘と妻との4人暮らしです。 このブログでは、日々の育児で感じたことや、趣味のことなどについて記事を書いていきたいと思います。 趣味としては、漫画・アニメ・ランニング・将棋・ダーツです。 けっして、強かったり、上手かったりするわけではありませんが(笑) 子育てで日々忙しいですが、少しずつ記事を増やしていきたいと思います。

皆さん筋トレしてますか?
最近筋トレにはまっているナスパです!!

筋トレって、やればやるほど成果が出るので、だんだん楽しくなりますよね。
でも、筋トレの後の筋肉痛がないと、なんだか効果がなかったように思えますよね。

そもそも、筋肉痛って何で起きるのでしょうか?
今回は、そんな筋肉痛について調べてみました。

筋肉痛とは

筋肉痛はおそらく誰もが知っている用語だと思います。
運動後に起こる筋肉の痛みを言います。

若かろうが、歳をとっていようが、誰しもが経験することだと思います。
その運動強度が大きいほど、後からくる筋肉痛がひどく苦労した経験があるかたも多いと思います。

また、ナスパと同様にトレーニングを行なう上で筋肉痛になり、成果が出てきたと喜んでいるあなたもいるはずです。

筋肉痛はなぜ起きるのか

筋肉痛には運動直後に起こる「即時性筋肉痛」と、遅れて痛みがやってくる「遅発性筋肉痛」の2つの要素が関係しているとされています。
①即時性筋肉痛
・疲労物質の蓄積⇒筋肉に負荷をかけると疲労物質が溜まり痛みが起こる。
・筋繊維が傷つくこと⇒筋肉は大きな力で収縮を繰り返すと小さな断裂を起こし、その傷ついた部分が炎症を起こす。

②遅発性筋肉痛
・筋肉が修復するときに起こる炎症⇒傷ついた筋繊維は一度分解されその部分に新しい繊維がつくられるが、その分解の際に痛みが生じる。

ちなみに、よく歳をとると「筋肉痛」が他の人よりも遅れてやってくるなんて言いますよね。
しかし、実はそれは歳のせいではなく「運動不足」が原因なんですって。

歳をとると運動する機会が減るため、肉体的なパフォーマンスが落ちる。
若い時は筋肉痛が出ないレベルの運動強度でも、筋肉の回復が必要になるため、遅発性の筋肉痛を起こすという理由のようです。

筋肉痛がないと筋トレの効果が無いのか?

結論から言うと、筋肉痛がないからといって効果が無いとはいえません。
効果はあります!!

筋肉痛は、壊れた筋組織を修復する過程で発痛物質が発生し、筋膜を刺激することで生じます。

しかし、筋肉痛が無いということは、そのトレーニングに筋肉が慣れてしまっていることになります。
最初はトレーニングによって筋肉痛がひどかったものが、筋肉痛が弱くなった・無くなったということは筋肉が成長したことであり、非常に喜ばしいことですね。

そんなあなたは、次回からトレーニングの負荷を上げていくと更なる効果が期待できることでしょう!!

 

まとめ

筋肉が成長することは、身体の変化を実感でき嬉しいことですよね。

筋トレは継続することで必ず効果がでます。
逆にいうと、継続しなければ効果が無いのです。

ぜひ筋トレを継続して、あなたの求めるムキムキボディーを目指しましょう!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
2児の娘と妻との4人暮らしです。 このブログでは、日々の育児で感じたことや、趣味のことなどについて記事を書いていきたいと思います。 趣味としては、漫画・アニメ・ランニング・将棋・ダーツです。 けっして、強かったり、上手かったりするわけではありませんが(笑) 子育てで日々忙しいですが、少しずつ記事を増やしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナスパ情報館 , 2019 All Rights Reserved.